SDKからひっぱってきたバッファからcv::Matに変換する

学校のカメラのバッファからやっと画像を引っ張ってこれたのでメモ

一部のみ抜粋

pImage[i](i=0~9)に画像のオブジェクトのポインタが入っていて、それをmemcpy。GetValueで画像の幅と高さをとってきている。

画像データをオブジェクトから漁らないといけなかったり、メモリを確保して初期化したcv::Matに渡したりとなかなか面倒でした。